今年もコンテストを開催いたしました!!!

お読み頂きありがとうございます。

 

さて、集中力について考えます。私には静かな環境が一番!

大半の方はそうですよね。そう思うと電話対応してくれている

社員の皆さんに改めて感謝です。電話が鳴らない仕掛けづくりも必要ですね!

 

さて、今年もドライバーズコンテストを開催して参りました。

昨年の優勝者が初の連覇!新たなチャンピオンの誕生等、

新たな発見・気づきのある1日となりました。

 

一番の財産は、今年度も快く引き受けて下さった研修センター主任からのお言葉。

「以前と比較して運転技術は間違いなく向上している」とお褒めの言葉を頂きました。

そして、次のステージは事故の被害に合わない運転技術を身に付けること。

そうおっしゃって頂きました。我々を7年間、見て頂いてるんだなぁ。

そして、ドライバー一人一人の努力に深く感謝いたします。

 

今回のドラコン、裏側のテーマは体験して頂くことを柱に据えました。

1.過去のリフト事故を振り返り、どのような運転が危険か知ろう

 

 DSCN1354.JPGDSCN1329.JPG

リフトの死角や耐荷重について     リフトのフォークの先端の死角について

 

2.日常点検における日頃の疑問を講師に聞いてみよう。また、正しい点検を身に付けよう

DSCN1362.JPGDSCN1370.JPG

 エンジンルームの点検          タイヤの点検

 

真剣に、また、当社らしく笑顔もこぼれ、充実した1日となりました。

目的は、事故をなくすこと。来年度も更なる仕掛けを検討し、

日頃の努力による1年の成長を体感する場として開催できるよう、

社員一同、努力して参ります。

 

トラック研修センター様・トヨタL&F様

いつもお支え頂き、心より感謝申し上げます。皆様から教わった点を活かし、

無事故に繋げて参ります。引き続き、ご指導賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

三菱ふそう様

この度は快く引き受けて下さり、また、多数の講師にて実施していただきましたこと、

心より感謝申し上げます。引き続き、ご指導賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。