安全取組情報の最近のブログ記事

10月9日って何の日?

いつもお読みいただきありがとうございます。

今回はまずクイズの出題です。

 

Q.10月9日って何の日?

 吉子 (小).pngそうです!『トラックの日』です!!

 

この10月9日に名古屋市中区栄付近にてIMG_1084 - コピー.JPG

一般社団法人愛知県トラック協会 名古屋第一支部

トラックの日 交通安全支部総決起大会が行われました。

 

大変残念なことですが、愛知県内の交通死亡事故は

14年連続で全国ワースト1位という

悪い状態が続いています。

そこで、私たち愛知県トラック協会の名古屋第一支部会員の

一人ひとりが、他のドライバーの模範となるよう安全運転に

一生懸命取り組むため誓いました。

 

一.飲酒運転の根絶を図ります

一.スピードダウン ゆっくり走ろう運動を推進します

一.高齢者や子どもをはじめとする歩行者や自転車の安全を守る運転に努めます

 

また、交通事故防止のための基本の3S

STOP   停まるべきところは必ず停まろう

SLOW  ゆっくり走ろう

SMART 省エネに配慮して、思いやりを持った運転をしよう

 IMG_1083 - コピー.JPG

また『トラック・セーフティ・ラリー』もまだまだ期間中です。

みんなで子どもや高齢者、歩行者に配慮した

優しい運転を心がけたいですね。

 

お読み頂きありがとうございます。

 

さて、集中力について考えます。私には静かな環境が一番!

大半の方はそうですよね。そう思うと電話対応してくれている

社員の皆さんに改めて感謝です。電話が鳴らない仕掛けづくりも必要ですね!

 

さて、今年もドライバーズコンテストを開催して参りました。

昨年の優勝者が初の連覇!新たなチャンピオンの誕生等、

新たな発見・気づきのある1日となりました。

 

一番の財産は、今年度も快く引き受けて下さった研修センター主任からのお言葉。

「以前と比較して運転技術は間違いなく向上している」とお褒めの言葉を頂きました。

そして、次のステージは事故の被害に合わない運転技術を身に付けること。

そうおっしゃって頂きました。我々を7年間、見て頂いてるんだなぁ。

そして、ドライバー一人一人の努力に深く感謝いたします。

 

今回のドラコン、裏側のテーマは体験して頂くことを柱に据えました。

1.過去のリフト事故を振り返り、どのような運転が危険か知ろう

 

 DSCN1354.JPGDSCN1329.JPG

リフトの死角や耐荷重について     リフトのフォークの先端の死角について

 

2.日常点検における日頃の疑問を講師に聞いてみよう。また、正しい点検を身に付けよう

DSCN1362.JPGDSCN1370.JPG

 エンジンルームの点検          タイヤの点検

 

真剣に、また、当社らしく笑顔もこぼれ、充実した1日となりました。

目的は、事故をなくすこと。来年度も更なる仕掛けを検討し、

日頃の努力による1年の成長を体感する場として開催できるよう、

社員一同、努力して参ります。

 

トラック研修センター様・トヨタL&F様

いつもお支え頂き、心より感謝申し上げます。皆様から教わった点を活かし、

無事故に繋げて参ります。引き続き、ご指導賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

三菱ふそう様

この度は快く引き受けて下さり、また、多数の講師にて実施していただきましたこと、

心より感謝申し上げます。引き続き、ご指導賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

挑戦者の背中に惹かれます!

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

 

ここ数日、久しぶりに太陽を見た気がします。9月は本当に晴れの日が少なかったですね。

雨降って地固まるとなれるよう、日々精進ですね。

 

さて、我々が所属する支部での準優勝を経て、トラックドライバーズコンテストの

愛知県大会に当社のドライバーが挑戦してくれました!

愛知県の代表者を決める真剣勝負の大会、まずはこの場に参加できたこと、

連れてきて頂いた社員に深く感謝すると同時に、大変嬉しく感じておりました。

 

 

 blog201610061.jpg      blog201610062.jpg

 blog201610063.jpg         

 

残念ながら壁は非常に高く、思うような功績を残せませんでしたが、「来年も挑戦したい!」と

言ってくれたドライバーの言葉とその姿勢、私自身も見習うべきことがたくさんありました。

同時に会社として何ができるか、どう支えられるか、そのようなことを考える貴重な時間

でした。

 

【参加された企業様から得られた気づき】

・一体感:参加者と会社との繋がり、応援者の方々の参加人数や

     応援グッズ等のサポートする姿勢、

     全社を上げて取り組まれている点は、非常に勉強になりました。

 

・経験値:初めてのことで私を含め緊張してしまったり、

     勝手がわからず躓いたり、多くの気づきを得られました。

     この経験値、将来に繋げたいと考えます。

 

・事前準備:様々な方の努力と協力で会が成り立っていることを

      深く感じました。ありがとうございます。

 

そして、参加させて頂いたからには、このコンテストの意義、競われている知識と技術、

どう当社の安全活動に取り入れるか、仲間と知恵を使って行動して参ります。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

いつも、お読みいただきありがとうございます。

管理部の日野原です。

 

今年も、7月1日から12月31日までの半年間

『トラック・セーフティ・ラリー』が開催され、

当社は、37チーム・186名でエントリー!!

各チームで掲げたスローガンを目標に

無事故・無違反の達成へチャレンジして行きます。

 

 2016072901.jpg

 

『トラック・セーフティ・ラリー』とは何でしょう?

 

愛知県トラック協会では、2008年から交通安全意識の高揚を目的に、

期間を決めて「無事故・無違反」にチャレンジする活動が始まりました。

 

第1回目は、288チームで始まった活動も、

9年目となる2016年は10,000チームを超えるエントリーがあるそうです。

チームで参加する事で、交通安全の意識をより強く持ち、

安全運転を心掛ける事を再認識する活動であると毎年感じています。

 

また、当社では、各事業所で安全運転の呼び掛けとして、

月に1度の安全活動が始まりました。

 

出発する乗務員さんに、

「今日も一日、安全運転で」と声を掛け、

 

2016072902.jpg

 

近隣を通行する車両や、歩行者にも安全の呼び掛けを行っています。

 

 

 2016072903.jpg

 

愛知県は、交通死亡事故ワースト1という

不名誉な記録が継続しています。

2016年6月末現在、昨年同期と比べて

死亡者数は-10名 ではありますが

84名の尊い命が事故で失われ、その数はやはり全国1位です。

 

一人ひとりの安全意識が少しでも向上する事で、

重大事故の減少につながる事

また、交通モラルが向上する事で、交通違反が減少する事、

交通事故の未然防止につながる事

そんな願いも込めて、セーフティー・ラリー期間中、

全社員で無事故・無違反に取り組んで行きます。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

梅雨も明け、厳しい暑さ、寝苦しい夜が続きます。

睡眠不足による事故が発生しやすい時期です。

体調管理と休息を取ることに留意して頂き、

厳しい夏を乗り切りましょう。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

 

さて、6月18日(土)当社として5回目のドライバーコンテストを

開催することができました。

これも、支えて頂いている皆様方のおかげであると、

深く感謝申し上げます。

 

また、当日業務のために出席できなかった社員の皆様、

現場対応にご尽力頂きましたこと、心より感謝申し上げます。

皆様の支えがあり、当日は、たくさんの笑顔を集めることができました。

皆様の技術向上を無駄にしないためにも、

必ず次もより充実した内容で開催することをお約束いたします。

ご期待ください。

その日まで技術向上に向けた努力、よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

 

 

 2016062901.JPG

 

当日は快晴の中、トラック、リフト部門に分かれて競技を開催いたしました。

また、今年度よりトラック研修センターが新しくなったこともあり、

新たに以下の仕掛けを追加して開催いたしました。

 

1.研修センター様がダブルキャブのトラックを所有されているため、

  最大6名まで乗車することができ、仲間の運転を見る機会ができた

  ⇒自身の運転との比較から気づきを得られた

 

 2016062902.JPG    

 

2.コースが広くなり、合わせて同時に競技する台数を増やすことが可能であったため、

  競技時間を短縮でき、その時間を有効に活用することができた

  ⇒昨年度の採点結果をもとに、自身の運転の基本行動を確認することができた

 

 20160629022.JPG    2016062903.JPG

 

大きくは、上記の2点。

そして、初めて当社のみのチーム対抗で開催いたしました。

非常に嬉しかったのは、メリハリのある競技会が開催できたこと。

チームでの取り組みとあってか和むところ和み、

真剣に取り組むべきところは真剣に取り組む。

一人一人の目の輝きが印象的でした。

5年前の開催当初は、会社がやっているから、会社行事だから等々、

お互いのボタンの掛け違いが多少なりともあったと認識します。

会を重ねるごとに、社員の声を反映し、改善すべき点は改善し積み上げた結果、

会の目的である「事故をなくすこと」を参加者が十分に理解して頂き、

また、愉しんで競技に参加してくれている表情に胸が熱くなりました。

そして、一人一人が自身の日頃の努力・成長を確認する・体感する上で、

このコンテストが1つのツールとなっていること、

大変心強く感じました。

これからも、社員の皆様が成長を確認する場の提供、仕掛けを

仲間と共に築き上げて参ります。

 

また、同時に出来ること、出来ないことがより明確になったと感じます。

今回の気づきを活かし、また、次回までに社員と共に成長し、

更に事故のない会社へと進化できるよう、また、前進して参ります。

 

お読み頂き、ありがとうございました。

 

2016062904.JPG

 

 

研修センター様、トヨタL&Fの皆様へ

事前の準備から、当日は早朝からの対応にご協力いただきましたこと、

心より感謝申し上げます。

新しい施設での開催は、非常に新鮮な気持ちで開催する事ができました。

皆様方にご指導頂いた点を次回は成長して

より安全になったとおっしゃっていただけるよう、

取り組んで参ります。ありがとうございました。

 

応援者、特に事務員の皆様へ

暑い中での進行補助等、本当にありがとうございました。

皆様方に支えられて無事に終えることができましたこと、

改めて感謝申し上げます。

そして、私、決意しました。

事務員の皆様向けのコンテスト、必ず考えます。

また、相談しますので知恵を貸してください!

 

参加してくれた皆様へ

記憶に残る1日でした。

皆様の熱意に心から感謝申し上げます。

今回の傾向、次月の社内報に記載させて頂きます。

どうか、皆様方自身におかれましても

解答用紙から自身のクセを見抜き、教えて頂いた点を思い出し、

日々の行動に技術習得に努めて頂きますよう、

よろしくお願い申し上げます。

 

実行委員の皆様

本当にありがとうございました。

過去と比較して最も笑顔の一日だったと感じました。

それもお二人のおかげ。心から感謝申し上げます。

また、課題は共有し、次回開催時にも力を貸して頂きたく、

共に更なる笑顔を集めましょう。深く深く感謝。

 

以上

 

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

管理部の日野原です。

今回は、私から昨年、当社が全員で取り組んだ「セーフティ・ラリー」について

ご紹介させて頂きます。

 

私たちが住んでいる『愛知県』は2015年、213名の尊い命が交通事故により喪われ

13年連続で交通事故死亡者ワースト1の不名誉な記録更新をいたしました。

ハンドルを握る、一人ひとりの安全意識を高め、交通違反・事故の減少を図るため

開始された「セーフティ・ラリー」、毎年7月1日~12月31日までの半年間、

1チーム5名が、安全を意識して交通ルールを守る取り組みです。

主催の愛知県トラック協会へは、5名1チームでエントリーし、5名中1名でも違反・事故が

あればそのチームは未達成としてエントリーから外れます。

 

当社は、35チーム中27チームが達成し達成率77.14%と目標の100%と達成には程遠い

残念な結果となりました。

   

blog201602151.jpg

 

違反内容のベスト3は、この数年ほぼ

 1 携帯電話保持・使用

 2 シートベルト装着義務違反

 3 一旦停止違反

となっています。

 

この3違反は、ほんのちょっとの意識で防げる違反ではないでしょうか

ハンドルを握る時、座席に座ればシートベルトを着ける、同乗者の安全確保のため

シートベルトの着用をさせる。

携帯電話は、着信に備え無線での通信機能を利用や、ドライブモードに切り替える。

一旦停止の指定は、この先に何らかの危険がある場所を指定としています。

必ず、一旦停止をして安全確認をする。

この3点を意識する事で、違反は半減できると考えています。

 

昨年の、「セーフティ・ラリー」は12月31日で終わりましたが安全運転の意識は1年を

通じて必要です。

当社の、1事業所では、2月に事業所の前で安全活動を行っています。

  blog20160215.jpg 

 

安全活動に参加すると、3つの違反をしているドライバーさんを本当に良く見ます。

特に、高齢者のシートベルト非着率はびっくりします。

歩行者・対向車の乗車員の安全はもちろん、自身の安全のため、ルールを守る意識を高める

きっかけになると感じます。

当社は2016年も、全社員で「セーフティ・ラリー」へのエントリーを計画しています。

3つの重点項目を意識して、100%達成にむけて協力しあって行きたいと思います。

そして、来年は嬉しい成果がご報告出来ること、楽しみにしています。

 

最後まで、お読み頂きありがとうございます。

今後も折に触れ、当社の取組をご紹介させて頂きます。

 

社外コンテストへの挑戦!!!

お読み頂き、ありがとうございます。

 

さて、この度、当社のブログをリニューアルさせて頂きました。今までよりも更に当社の

魅力をお伝えすべく、経営層から本社から現場から、それぞれの視点で、当社の声をお伝え

させて頂きます。これも三位一体、よりお読み頂いた皆様の琴線に触れた掲載となるよう

努めて参ります。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

さて、リニューアル最初の記事は、社外コンテスト!

 

今期も幸先よくスタートしました。何がスタートしたか、それは、

社外のドライバーコンテスト!3年続けて表彰状を頂きました。

 

まずは、支部の省エネコンテスト。なんと今年は優勝!!!

     blog201510131.jpg     blog201510132.jpg

 

続いて、5月30日に開催されたドライバーコンテスト、大型部門2位、4t部門5位と

同時入賞!!!学科、点検、走行の中で特に走行が素晴らしかったです。

   blog201510134.jpg   blog201510133.jpg  blog201510136.jpg

 

ドライバー、そして管理者の日頃の努力に深く感謝すると共に、今回入賞した3名、コンテスト

への挑戦は昨年から続けてくれております。継続は力なり。前回の経験を活かして、再び

チャレンジしてくれたその熱意、そして次の大会にも出場するとの熱い言葉!彼らから取組み

への姿勢を学ばせて頂きました。

 

当社は今年「今こそチャレンジ」を掲げ、挑戦する社員を後押しし、会社全体サポートする

環境・風土作りに努めております。そのような中で、幸先よく仲間が結果に繋げてくれたこと

誇りに思い、次なる挑戦へと繋がるよう、また、同じ志で挑戦するドライバーが現れるよう

後押しして参ります。

 

お読み頂き、ありがとうございます。