挑戦!!!セミナーの講師をさせて頂きました

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

 

新しい期が始まりました。前期も皆様方にはご指導、ご鞭撻を賜りましたこと、

厚く御礼申し上げます。今期も変わらぬご指導賜りますよう、よろしくお願い

申し上げます。

 

さて、当社は今年「今こそチャレンジ!」をスローガンに掲げ、全社一丸と

なって取り組んでおります。新しいことへの挑戦も、そして大切にしているのは、

以前より課題だと認識していながら手が付けられなかたことへの挑戦。

将来に向けてチャレンジを続けてまいります。

 

そして、まずは私が社員に姿を見せねば、そのように考えていた際、いつも

勉強させて頂いている船井総研様の勉強会にて講師のお話を頂きました。

不安が強く、自問自答いたしましたが、頭をよぎるのは「今こそチャレンジ!」。

自身で掲げ、社員への年賀状にも書いた手前、率先して頂いた機会に

挑戦すべく、お受けさせて頂きました。

 

     20150409.jpg

 

お話させて頂いた内容は、当社に戻ってから事業継承を目指して管理者と

取り組んだことを中心に進めさせて頂きました。社員のおかげで、

この10年間、色々な取り組みを実施してまいりました。

10年間をまとめてみると、私がおこなったことよりも、社員が自発的に

取り組んでくれたことが多く、改めて社員のみなさんに感謝です。

 

お客様の声、社員の声をどのように集め、どのような順序で取り組んで

きたか。今、目指しているものは何か、まだまだ道半ばの内容であり、

人生の、経営者の大先輩方を前に大変恐縮でございましたが、何か1つでも

お役に立つべく、お話させて頂きました。

 

話をさせて頂いて感じたことは、まだまだ人前で話をするのには修行を

重ねなければならないということ、、、。奇しくも前日にNHKで放送

されていたプロフェッショナル仕事の流儀 小児科医の山高先生。

見られた方も多いかと思いますが、大変有意義な時間でした。プロとは

という最後の問いに、「妥協なく遂行すること」。そのようなお答え

だったと記憶します。何でも手術前の事前準備に相当な時間と労力を

費やしておられる姿が放送され、強烈な印象を受けました。痛感したのは、

事前準備と想像力、妥協なく取り組んでまいります。

 

 

そして、お話させている際に、特に印象を受けたのは、皆様方の視線と姿勢。

熱心に聞いて頂き、メモを取られている姿に背筋が真っ直ぐ伸びたのを

覚えております。参加者の皆様方の温かい気遣い、大変勉強になりました。

私自身がセミナーに参加し、講師の話を聞いている姿勢はどうか、何よりも

メモした内容を振り返って、そして、実践できているだろうか、色々な

気づきを得る機会となりました。

 

 

最後の質問の時間。矢継ぎ早にご質問して頂いたことがとても嬉しかったです。

今後も参考になるべく事例を積み上げ、ご紹介できるよう、小さな努力を重ねて

まいります。

 

 

大きな挑戦を1つ経験することができました。この機会に改めて感謝し、頂いた

ご縁を大切に、そして、社員も同じようにチャレンジする1年となるよう、

仕掛けづくりに努めて参ります。

 

 

お読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

船井総研様へ

・このような機会を頂き、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 引き続き、ご指導賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

ご参加された皆様へ

・大変ありがとうございました。頂いたメールを読んで、また活力が湧いて

 まいりました。 このご縁を大切にすべく、また、当社できることが

 ございましたら、微力ながら全力で 取り組ませて頂きます。

 ありがとうございました。

波動!

いつもお読み頂きありがとうございます。

 

ここ数日、暖かい日が続いておりますが、名古屋、先週は季節外れの

雪でした。前日天気予報を見た際には「まさか」と思いましたが、

昼頃から降り始め、夜には私の予想を上回る積雪でした。そのような中、

事故もなく無事に配送を終えてくれたドライバーの皆さん、休まず出勤

してくれた社員の皆さんとご家族に感謝です。

 

さて、徐々にではありますが、繁忙期らしくなって参りました。

大半の業界と同じように我々物流事業者にとっても年度末の三月は

大変な繁忙期。社員と知恵を使ってお客様の役に立つべく努力して

おります。

 

そして、我々物流業界の主たる課題の1つに、閑散期と繁忙期に

おける物量波動にどのように対応するかがございます。

 

メーカー様や取り扱う商材により異なりますが、年間では最大で30倍

(最小2tの出荷物量が今期最大では60tの物量がございました)

程度の波動がございます。

 

先週だけを見ても、2倍から3倍程度の波動がございました。この

波動に対し、お客様の役に立つこと、我々使命の1つだと認識します。

 

物流会社、どこも様々な方法で波動対応をされておられるかと思います。

 

 ・運送会社の中でも業界の違いを活かし、人材、車両の相互活用

  (引越を専門に扱う事業者様とのタイアップ等)

 

 ・お客様との綿密な打ち合わせによる出来る限りの

  波動の緩和・配送手段の変更・確保

  (トラック輸送からコンテナ輸送等)

 

 ・路線・宅配会社では物量・荷受け制限を実地

 

 ・倉庫作業員や事務職による配達対応等

 

色々な知恵を絞っておられるかと思います。しかしながら、繁忙期に

おける有効な対策は少なく、また、昨年からは抜本的な車両、人材不足

重なり、対応に苦面しておるのが実情です。

 

現状における当社の課題は、

 

1.集車力をどう高めるか

⇒協力会社様との管理者同士における信頼感、また、互いの情報共有

 により当社と取引するメリットを感じて頂いているか。垣根なく、

 現場の声を集め応えているか。総じて、あの会社のためにと言って

 いただけるか。

⇒現場の最前線で動く社員同士の信頼感、より作業しやすい方法は、

 我々にできることはを深く考え実行できているか。あの倉庫は親切に

 してくれる。そう言っていただけるような現場になっているか。

 

2.お客様と予測の精度を高めて、正確な計画をすること

⇒昨年度の実績と今期の推移から、繁忙期の予測を算出し、また、

 お客様の受託状況と相違がないか。そして、その対応をどうするか。

 お客様の思いと乖離がないか。

 

この2点。繁忙期が終了した後に、改めて社内で検証・検討し、

それぞれの波動(閑散期における波動、繁忙期における波動)時の

対応を検討して参ります。

 

労働人口の減少に伴い、今後はより一層、必要な時に必要な台数を

確保することが困難になるかと考えます。繁忙期前、また、波動時にも

よりお客様に喜んでいただくためには、当社の努力だけでは限界があり、

よりお客様と、より協力会社様と深い連携が必要。

そのような会社に成長し、信頼を勝ち取るべく、会話を重ねてまいります。

 

そして、大口の案件があった際にはお早めにご連絡頂きたく、重ねて

お願い申し上げます。

 

取り止めのない文章となってしまいましたが、最後までお読みいただき

ありがとうございます。

  

 

 

達成率89.4%

お読み頂き、ありがとうございます。

 

昨日は節分でしたね。私も昨日恵方巻をいただきましたが、願い事するのを

忘れておりました。理由は、奥歯の横にすくすく育ったおやしらずを抜いてから

1週間。まだ、大きな口が開けられません。願い事よりも食べることに夢中

でした(笑)。忘れていたことを思い出し、後から願い事をいたしました。

 

さて、表題の89.4%、これは昨年実施された無事故・無違反セーフティ・ラリー

の達成率です。当社が籍を置く愛知県は、昨年度も交通事故死亡者数がワースト1。

これで12年連続。我々事業者も一丸となって事故削減に日々精進しております

その削減取組の一環として、毎年7月から12月末までの期間、無事故・無違反

150日セーフティ・ラリー、当社は所属支部の第二位の達成率として表彰して

頂きました。

 

昨年までは70%台にて推移しておりましたが、社員のみのエントリーでは89%、

パート社員を含めた全体でも87%と大きく達成率を向上することができました。

これも社員一人一人の日頃の安全努力のおかげ。社員とご家族の皆さんに感謝

すると共に、やはり0にしなくてはと改めて感じます。

 

今年は全体で3件の違反(携帯電話・一旦停止違反・駐車違反)がありました。

それと同時に我々業界でもまだまだ達成率が低いこと(全体での達成率は60%台)

業界全体での違反は、

 

1.圧倒的に多いのが携帯電話使用・保持  2.一旦停止違反  

3.シートベルト未着用

 

この結果を他人事に思わず、仲間の違反を主体的に考えられるか。我々も、我々の

業界も試されている。そう思います。

 

この達成率が偶然ではなく必然かどうかは今年の達成率。さらに向上できるよう、

また、100%を目指し、心新たに取り組んでまいります。

       

       2015020406.jpg

 

お読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。

新年、あけましておめでとうございます。

本年もご指導賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

当社の年初行事である成田山への安全祈願を、管理者、ドライバーの皆さんと

参拝し、無事に新年を迎えることができました。これも、皆様方のおかげで

あると、深く御礼申し上げます。

 

さて、安部首相は新年の挨拶時に、今年の干支であるひつじの「未」を未来の

未とお話しされておられました。三碧木星の本年は新しいチャレンジも大切で

あるが、芽が出ている幹をより成長させる、そして果実を実らせることが大切

ようであります。

 

当社がこの3年間挑戦しているのはショールーム化。そして、挨拶、掃除、

事故03点。

今期からはより社員の主体性、自主性を重んじ、ゆっくり成長している木の

幹を更に太くするよう、社員一同、目標を掲げ努力して参ります。

 

本年も変わらぬご指導賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

 

お読みいただき、ありがとうございます。

 

       20150115.jpg

 

今年も1年、ありがとうございました。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

唐突ですが、今年は目標に近づいていることを体感する1年として締めくくる

ことができそうな年。

 

そのおかげか、歳を重ねた結果かどうかは分かりませんが、時間の流れが

本当に早い1年となりました。具体的には

 

関東への本格進出。18年前の学生時代に半年間埼玉に住んでおりました。

このような形で埼玉に戻ることができたこと、日頃お客様の為に努力してくれて

いる社員、そして、ご縁を頂いたお客様に心から感謝申し上げます。そして、

大切なのはここから。拠点新設による効果を出せるか、出せないか、大切なのは

今からの一歩。ここからが本番です。部分最適から全体最適の構築を目指し、

お客様に提案を続けてゆく、何事もそうかもしれませんが、ゴールがないことが

物流の魅力の1つ。市場環境の変化、また、お客様のニーズや変化を察知し

取り組むこと。そのためには学び、考え、行動し、改善から提案までを積み重ね、

更にお役に立てるよう前進して参ります。

 

そして、もう1つ。船井総合研究所様の同業種の仲間が集まる勉強会にて

表彰状を頂きました。社会人になってトロフィーを頂く経験は恐らく初めて。

純粋に嬉しい瞬間でした。賞状とは違いトロフィーは、非常に重みがありました。

表彰の基準は、会の趣旨である、勉強好き、素直、プラス発想とのこと。

少しでも会の活性化に繋がるよう取り組んだ結果がこのような賞に繋がったこと、

純粋に嬉しかったです。賞を頂けたのもお客様の期待と、社員の努力のおかげです。

心から感謝申し上げます。また、この勉強会で人生の師と思える方々にお会い

できたことは財産です。勉強会で頂いたものをまたお返しできるよう社員と力を

合わせ、取り組んで参ります。

 

とはいえ、順調なことばかりではなく、業界全体の人員不足、燃料・高速道路の

コスト増等、環境の変化が更に加速した1年。環境に合わせた成長を続けること

大切。まだまだお客様のため、そして、社員のために努力を積み上げて参ります。

 

少し早いですが、今年も1年、弊社をご指導頂き、心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。来期も皆様方の期待、ニーズにお応えし、お役に立つ

べく社員一丸となって取り組んで参ります。

 

残り10日、新たな気持ちで新年を迎えることができるよう、無事故で顔晴ります。

 

年末ご多忙の折ではございますが、お身体にお気をつけて良き新年をお迎え

ください。

 

お読み頂き、ありがとうございます。

 

        201412222.jpg  201412221.jpg

1  2