リーダー主役の共有会!

お読み頂き、ありがとうございます。

 

さて、当社では2年ぶりとなる会、年初に各所にて掲げた活動方針の進捗共有会を

実施いたしました。

 

会の目的は、お客様のため、社員のために掲げた目標に対して

1.取組状況の進捗確認と具体例の共有

2.3か月の目標に対する達成度、効果を確認し、軌道修正

PDCAの計画に対して、3か月の行動結果を確認する一日とし、何より、会から

気づきを得てお客様のため、社員のため、次につながる行動を導きだせるよう実施

しております。

 

今期、特に私どもが意識して取り組んだこと、「なぜそれをやるに至ったか」、

計画段階に昨年度の取り組みや実績、反省を十分に振り返ることに時間を割き、

その結果に基づいて目標を定め、取り組みを開始してまいりました。

 

 

   20140722.jpg      201407221.jpg

 

  

私自身の気づきと反省は、

1.大きな声で発表してくれるのは気持ちがよい=自信が反映されている

2.ビフォーアフターがあると強烈に印象が残る

3.生産性は下がるが、ダブルチェック・色別は効果が高い

4.チームで取り組んでいるところは結果に繋がっている

5.目標に対して週に1度の進捗確認は有効性が高い

6.業務後の18:00スタート20:30終了は負担が大きかった

 

そんな気づきと反省を感じました。合わせて何のために目標を立てているか、

腹に落として取り組むことの重要性を感じた次第です。中には有志を募って

飲みにケーション、会社、仲間、そして、お客様のお役に立つために実施。

管理者一人では何も変えられないことを理解し、仲間と同じ目標にするために

実施。素晴らしい取り組みに感謝です。

 

当社は今年もショールーム化に向けた基礎づくりの最終年度として、あいさつ、

掃除、事故0に取り組んでおります。

 

あいさつ:相手の変化に気づくために

掃除  :整理(いるものといらないものを分ける)、整頓(いるものを使いやすく)

事故0 :類似事故の撲滅に向け、手順書の精査

 

そして、会長より総評を頂きました。

1.社員の皆さんと本当に同じ目標を共有しているかもう1度、考え、行動する

2.事故をしたくてする人はいない。すべての社員の皆様に事故をやらないと

  気づかせること、その人が自覚しない限り事故は起こり、気づかせるやる気に

  させるのは管理者の仕事である。

 

            201407223.jpg

  

訓示を頂きました。そのためには、やはり日頃のコミュニケーション(仲間として

働いて頂いていることへの感謝を含め、相手の立場、思いやりを持って接する)、

そして、相手を変えるではなく自分を変える。他人と過去は変えられないですよね。

まずは、自分が、そして、未来に繋がるよう、伝わるまで何度も社員の皆さんと

本音で話し合いを深めて参ります。

 

当社、発表会の多くは小牧の地域施設をお借りしております。その施設の前に

あった御会社様の看板、品質と5Sで将来を創る!入口の目立つ所に掲げてござい

ました。今、当社が実施していることもまさに看板と同じ、その結果、お客様

品質で貢献し、お役に立ち、社員一人一人が成長を体感できる企業にすべく取り組

んでおります。仲間と再度目標を1つにするためトコトン話し合い、小さな努力を

積み重ねて参ります。

 

どうぞ今後とも、ご指導いただきますよう、厚く厚くお願い申し上げます。

 

お読み頂き、ありがとうございます。