視察研修会!

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

少しずつ暑さも和らぎ、過ごしやすい季節となりました。秋の訪れを肌で

感じております。最近、気になる書籍がたくさんあります。何かに悩んで

いる証拠ですね(笑)今年は、読書の秋になりそうです。

 

さて、当社では各年に実施しております他社様への視察研修を開催いたし

ました。快く引き受けて下さいました浜松委托倉庫株式会社の皆様、

心より感謝申し上げます。

 

ありがとうございます。

 

当社の視察研修会は行きのバスの中からエンジンを温めております。

バスの中ではコンセンサスゲーム(今年は船からの脱出)。

 

       20140925.jpg

 

今回の個人No1は誤差2という、驚異的な記録。また、自身の点数と

グループの点数比較し、そこから自身の弱点を学ぶ。グループで知恵を

使うことにより結果をよくする、そして伝え納得してもらうことの難し

を体感いたしました。

 

温まったところで浜松委托倉庫株式会社様に到着。何から何までお気遣

頂いた、杉山部長にお出迎え頂き、視察が始まりました。入口の下駄箱

から知恵が詰まっている浜松委托倉庫様。そして、働いておられる皆様の

気持ちのよい挨拶。勉強になりました。

 

 

      201409251.jpg

 

 センターの立ち上げから、今日までの運営を作り上げた小田部長のお話。

その後、センター内の視察。当たり前のことをできるまで徹底的にやる。

そのために、社員の皆さんとのコミュニケーションを大切に、そして、

気づく仕掛けづくり。管理者としての姿勢を改めて学ばせて頂きました。

 

そして、会議室に移ってからは、グループワーク。今回はアイデアを出す

と、決める場の2部構成にて実施し、半期の具体的な取り組みについて

発表を実施し終了いたしました。

 

     20149252.jpg 201409253.jpg

 

終了後のレポート、それぞれの気づきが書かれておりました。

 

総じてこんな会社になりたい、こんな管理者になりたい、そのために心を

豊かに、また、豊かな社員を育てたい、だから、今は当たり前のことを

徹底的にやる。参加してくれたメンバーには小さな一歩、種から芽が出た

ようです。

 

今回は種を巻いて(他社を見学する)、芽が出る(半期の取り組みを決める)

ところまでは実施いたしました。次は、花が咲いて、実をつけること。そして、

その結果、お客様・社員の皆様のお役に立つことだと認識します。

 

今年も無事に開催できましたこと、日頃それぞれの業務でご尽力頂いている

社員皆様、そして、お客様に仕事をさせて頂いているおかげです。

 

まずは仲間とPDCAを忘れずに、現場に足繁く通い、また、的確な助言が

できるようコミュニケーションを高め、参加してくれた全員が成長を実感し、

花が咲いてお客様にお返しできるまで、当たり前のことを徹底的に磨き上げて

参ります。

 

お読みいただき、ありがとうございます。