安全取組情報の最近のブログ記事

トラックセーフティーラリー開始

お読みいただき、ありがとうございます。

 

本日8月1日より愛知県トラック協会主催によるトラックセーフティラリーが開

催となります。当社からも16チーム(5人1組)がエントリーしております。

 

※昨年度の取組みは以下を参照願います。昨年度の達成率は残念ながら約80%

でした。

http://www.kissho-us.co.jp/partnerblog/2010/08/

 

この取組みは愛知県がパイオニアであり、今では全国展開されております。そ

て、愛知県は10年間続いたワースト1を昨年返上。この取組みの意義を改

感じた瞬間でありました。

 

また、出発式では愛知県中警察署の交通課長様によるお話があり、事故をする人

としない人とでは意識・予防策に大きな差がある。そして、予防策の1つとして

家族の写真を見える所に置いておく。これは十分に効果のある取組み、予防策で

あるとのお話を頂きました。

 

本日、当社においては点呼、朝礼にて再度社員への伝達を実施しスタートいた

ました。そこでトラックの中を見ていたら当社にも写真が貼ってあるトラック

数台あり、また、彼らの仕事に対する熱意は胸を打たれるものがあり、中警察

通課長様のお話を思い出し共感した次第です。

 

今期は全チーム達成を目標に、具体的な取組み(ヒアリハットの吸い上げ、マッ

プ作り)を実施し、社内一丸となって取組みます。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

shyashinn0801 1.jpg

12月1日 トラックの日が開催

   

 

12月1日に延期されておりました、トラックの日が無事開催され、

今年の1日の婦人警官は、小牧営業所 梅田有里さんがしてくださりました。

式典の中で、シュプレヒコールあり、Prefectural Policeバンドの演奏ありと活気あるものとなりました。

 

 

                   ▼Prefectual Policeバンド

 

1-1.jpg1-2.jpg

 

▼吉野社長のご挨

 

例年通り、パレードを拝見した後、若宮大通り公園から栄小公園まで行進し、交通安全を訴え、並行して交通安全グッズの配布が行われました。

 

今年の交通安全グッツは自転車の前かごカバーとストップ。

人通りが多い場所で配布させて頂いたこともあり大盛況!

 

皆さまも防犯グッツ等で未然に防げる対策をお願致します。

 

以下、1日婦警さんをして下さった梅田さんのコメントです。

 

 

1日婦警さんをして下った梅田さんのコメント>

 

12月1日の「トラックの日・支部総決起大会」で1日女性警察官を体験してきました。


 婦人警官の制服は、やっぱり重みがあってカッチリとしていました。本物の婦人警官さんはさすが、格好良くすっきりと着こなしていらっしゃいましたが、体験の私たちは服に着られているようで恥ずかしかったです。
 でもそのうちに街ゆく人たちの視線にも慣れ、なんとなく「制服マジック」にかかったのか、その日1日は人に会う度に「シートベルトしなさい!」とうるさく言いまわってました(笑)


 普段ではなかなか警察署に行ったり警察の方と接する機会もないので、とにかく緊張していたのが写真でもわかるかと思います。
 制服だけでなく、パトカーや機動隊用?のバスにも乗ったりとたくさん貴重な体験をさせて頂きました。


 二度とパトカーに乗ることはない(たぶん・・・)と思いますので、本当に一生の記念になりました。ありがとうございました。

 

3-3.jpg

▼一日婦警さんしてくださった梅田有里さんと吉野社長

 

<トラックの日について>

トラックは変わり続けます。生活(くらし)と環境を守るために。」を統一標語として、全国各地のトラック協会では、10月9日「トラックの日」にちなんだ各種イベントを9月から11月にかけて開催します。  

 

事故をしないためには!!!

事故をしないためには!!!

運送会社における安全取組みとは!!!

無事故・安全運転と言葉で書くのは簡単ですが、

日々心がけてくれているドライバーの皆さんには本当に頭が下がります。

まだまだ勉強不足でありますが、

当社におきましては少しでも自分自身の運転を確認し、

より事故の危険が少なくなる運転方法を理解するべく

以下の導入を実施しております。
 

05年度 デジタルタコグラフ
091029gurahu1.jpg回転数・速度・急発進の癖を知ろう
06年度 月別燃費管理
091029gurafu2.jpg

エコ運転により燃費向上!!
事故削減!!
結果、昨年度対比にて燃費 7%向上

08年度 ドライブレコーダー
 091029record.jpg実際の運転を動画にて振り返り癖を知ろう


より一層の安全支援として導入したドライブレコーダー。

まだまだ宝を使い切れていないのが実情であり、

課題もたくさん残っています。

私たちが出来ることは、安全運転について社内が一体となって真剣に向き合い、

いっしょになって喜怒哀楽を話し合うことであると考えます。

1つずつ課題を整理し、事故のない企業を目指して参ります。

 

具体的な取組みは後日紹介!!!

1