繁忙期に入りました。

いつもお読みいただき、ありがごうございます。

 

さて、当社も繁忙期に入っております。今期においては、徐々に物量が増える

のではなく、今月中旬より一気に増加している肌感でございます。波動への対応、

我々業界の改題。

昨今では車両不足(リーマンショック前の貨物輸送量に戻っているものの、車両

台数約7%市場から減少しております)、また、人員不足も重なって車両の確保

に工面しております。

 

特に、中部圏の配車については、週明けの月曜日、また、木曜日積込みにおける

車両が不足しております。

 

そのような中、モーダルシフト、鉄道輸送でのチャーター便の手配も当社では実施

しております。

 

現状におけるメリットは、

1.積載条件、走行距離、および、製品状態が噛み合えば陸送よりも安価である。

  →中部発、関東着のお荷物の場合、4t車両(積載3t)と12フィートコン

   テナ(積載5t)のkg単位の比較では、最大で約4割、コンテナ輸送の方が

   コスト的には安価であります(当然ですが、距離が延びれば延びるほど、

   コストメリットは出やすいです)

 

2.車両・人員不足の解消

  →繁忙期でもゆとりを持ってご依頼いただければ、コンテナを確保できることが

   多いです

 

3.Co2削減(地球温暖化対策にも貢献)

 

しかしながら、相反することもございます。

1.リードタイムは平均で3日~4日必要です

  →関東圏 陸送 1日(翌日)   コンテナ 3日~4日

 

2.ご依頼は積込み日の中2日前(前々日)までが基本となります

  (確実な手配は4日前)

 

3.コンテナサイズはトラックの箱よりも小さい

  →トラック(2,200×2,200×6,200)に対し

   コンテナ(2,252×2,275×3,647)

 

陸送と比較し条件は複数ございますが、エンドユーザー様に確実にお荷物を届ける

ためには有効な手段の1つであると認識します。需要と供給のバランスが大きく

崩れる繁忙期では、必要な時に必要なトラックを準備するのは、どこのメーカー様

苦労されていることかと、また、相当なコストが発生しているかと考えます。

また、冒頭記載しました通り、車両、トラック共に不足している現状では、エンド

ユーザー様確実にお届けする手段の1つとして有効であると判断しております。

 

事前に計画を立てられるようであれば、ぜひ、一度ご相談ください。

 

また、この繁忙期もお客様の物流が途切れることのないよう、社員一同全力で

取り組んで参ることをお約束いたします。

 

よって、車両手配のご依頼は、お早めに頂きますよう、お願い申し上げます。

 

お読み頂き、ありがとうございます。

 

ドラコン開催!!!

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

先日、岐阜県中津川市に社員の有志と行って参りました。中津川と言えば小学校?

中学校?の野外学習で行って以来、また、数十年ぶりの山中泊。新鮮な空気に

おいしい食事、畑にて山芋掘りや栗拾い、夜はキャンプファイヤー、童心に返って

心を洗濯して参りました。感じたことは自然と触れ合い、また、温かい心遣いを

たくさん頂き、気持ちが優しくなりました。

そんな素敵な企画をして頂いた社員に感謝です。

  

さて、一時は台風で中止か?とも思われましたが、社員の日頃の行いのおかげで、

無事に12日(日)に第3回ドライバーズコンテストを開催いたしました。参加

いただいた社員、社員の家族に感謝申し上げます。

  

今期からトラック部門は車格別(4t部門、3t部門)に変更し、また、リフト

部門は、常時リフト作業している部門としていない部門に区分けして実施いたし

ました。また、研修センターの皆様にご無理を申しあげ、応援者にも社用車コン

テストを実施し、参加者全員が安全運転に対して気づきを得る場を設けました。

これも2年前の社員の声を反映してのもの。よって、どの部門も真剣に取り組ん

でくれている姿がとても嬉しかったです。

   

 

   2014101503.jpg     2014101504.jpg

    201401502.jpg  2014101505.jpg

 

当社のドライバーズコンテストの目的は「事故を無くすため」に実施しており

ます。そのために、日頃の自身の運転を振り返り、安全意識と技術を磨くべく、

三好トラック研修センターの皆様とトヨタL&Fの皆様にお知恵をお借りし開催

いたしました。

  

今期入賞された社員から学んだことは、

1.普段から自発的に社外コンテストに参加してくれている社員の成績が良かった

2.最後まで学科試験の見直しをしてくれた社員が上位を独占した

3.前回、車格別に分けてほしいと言ってくれた社員が入賞した

 

非常に嬉しい気づきが幾つかございました。その芽を大切に育てていきたいと

思います。

  

コンテストですから順位は出しましたが、大切なことは順位よりも、今回の気づき

に対して(私もコンテストに参加したのですが、巻き込み確認の減点が、、、

何かある前に気づいてよかった!)どのように取り組み成長するかだと考えます。

 

前回の管理者研修同様、PDCAを繰り返し、社員の気づきや目標をサポートできる

よう取り組んで参ります。そして、トラック研修センターが改修工事のため、

4回大会は2017年。時間は十二分にあります。成長した姿を参加者全員が体感

できるよう、また、心新たに努力して参ります。

 

お読みいただき、ありがとうございます。

 

三好研修センターの皆様へ

皆様のおかげで無事に3回目も終えることができました。長時間にわたり、

熱心にご指導頂きましたこと、暑く御礼申し上げます。採点表を社員に開示し、

皆様方の教えにて成長できるよう社員と共に努力して参ります。

ありがとうございます。

 

トヨタL&Fの皆様へ

早朝より競技コースの対応をして頂き、また、休憩中や競技後も熱心に当社

社員へ指導して頂きましたこと、心より感謝申し上げます。教えて頂いた事を

活かし、成長した姿をお見せできるよう社員と共に協力して参ります。

ありがとうございます。

 

  

                2014101501.jpg

 

 

視察研修会!

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

少しずつ暑さも和らぎ、過ごしやすい季節となりました。秋の訪れを肌で

感じております。最近、気になる書籍がたくさんあります。何かに悩んで

いる証拠ですね(笑)今年は、読書の秋になりそうです。

 

さて、当社では各年に実施しております他社様への視察研修を開催いたし

ました。快く引き受けて下さいました浜松委托倉庫株式会社の皆様、

心より感謝申し上げます。

 

ありがとうございます。

 

当社の視察研修会は行きのバスの中からエンジンを温めております。

バスの中ではコンセンサスゲーム(今年は船からの脱出)。

 

       20140925.jpg

 

今回の個人No1は誤差2という、驚異的な記録。また、自身の点数と

グループの点数比較し、そこから自身の弱点を学ぶ。グループで知恵を

使うことにより結果をよくする、そして伝え納得してもらうことの難し

を体感いたしました。

 

温まったところで浜松委托倉庫株式会社様に到着。何から何までお気遣

頂いた、杉山部長にお出迎え頂き、視察が始まりました。入口の下駄箱

から知恵が詰まっている浜松委托倉庫様。そして、働いておられる皆様の

気持ちのよい挨拶。勉強になりました。

 

 

      201409251.jpg

 

 センターの立ち上げから、今日までの運営を作り上げた小田部長のお話。

その後、センター内の視察。当たり前のことをできるまで徹底的にやる。

そのために、社員の皆さんとのコミュニケーションを大切に、そして、

気づく仕掛けづくり。管理者としての姿勢を改めて学ばせて頂きました。

 

そして、会議室に移ってからは、グループワーク。今回はアイデアを出す

と、決める場の2部構成にて実施し、半期の具体的な取り組みについて

発表を実施し終了いたしました。

 

     20149252.jpg 201409253.jpg

 

終了後のレポート、それぞれの気づきが書かれておりました。

 

総じてこんな会社になりたい、こんな管理者になりたい、そのために心を

豊かに、また、豊かな社員を育てたい、だから、今は当たり前のことを

徹底的にやる。参加してくれたメンバーには小さな一歩、種から芽が出た

ようです。

 

今回は種を巻いて(他社を見学する)、芽が出る(半期の取り組みを決める)

ところまでは実施いたしました。次は、花が咲いて、実をつけること。そして、

その結果、お客様・社員の皆様のお役に立つことだと認識します。

 

今年も無事に開催できましたこと、日頃それぞれの業務でご尽力頂いている

社員皆様、そして、お客様に仕事をさせて頂いているおかげです。

 

まずは仲間とPDCAを忘れずに、現場に足繁く通い、また、的確な助言が

できるようコミュニケーションを高め、参加してくれた全員が成長を実感し、

花が咲いてお客様にお返しできるまで、当たり前のことを徹底的に磨き上げて

参ります。

 

お読みいただき、ありがとうございます。

徹底的にリフト事故対策

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

 

早速ではございますが、当社、この第1四半期にてリフトによる製品破損を2件、

発生させてしまいました。お客様の大切な製品を破損させましたこと、深くお詫び

申し上げます。

大変申し訳ございません。

 

当社の作業員、庫内作業員、また、乗務員は全員リフト免許を保有しております。

そのような中で、対策が徹底できなかったこと、自身の行動を後悔しております。

 

そして、この反省を無事故でお客様にお返しすべく、当社におきましては、大きく

3点、対策を実施しております。

 

1.視覚に訴える注意喚起

≪リフト色付け≫

          201408121.jpg

 

 

2.機材を用いた防止対策の徹底

≪転倒防止ネットの使用≫ :近々報告いたします。

※また、リフト用のドライブレコーダー設置を早期に実施いたします

 

3.安全意識に訴える対策

≪手順の再確認≫

≪安全宣言≫

        201408122.jpg

 

以上の対策を確実に実施し、1ヶ月に1度の管理者チェックを実施し、類似事故の

撲滅に努めております。そして、一番大切なこと。社員の皆さんと心を1つに、

事故0という同じ目標に向かうこと。

 

なぜ事故が発生したのか、要因分析は必要。そして、それと同様に、普段からコミュニ

ケーションが取れているか、管理者は社員のハートを掴んでいるか。もう1度、原点に

返り、管理者一同、まずは自身の行動を見直す機会としております。上司と部下の

コミュニケーションの一つに、些細な約束があると思います。

 

特に我々のような中小企業は、一人二役が当たり前。そのような中で、些細な約束は

ついつい後回しにしてしまうもの。そんな小さな約束を社員は必ずと言っていいほど、

覚えており、その過程を見て、上司の採点をしていると思います。

 

惹起者は手順を守る、管理者は社員の皆さんとのどんな小さな約束も守る。このコミュ

ケーションがあって、初めて同じ目標を共有できる。だから、本年で話ができ、生き

対策が生み出される。そう強く感じております。

 

まずは、我々管理者から意識を変え、社員の皆さんが働いてくれていることに感謝し、

そして、コミュニケーションを深め、事故の撲滅に努めて参ります。

 

この度は、申し訳ございませんでした。

 

絵に描いた餅にならぬよう、生きた対策を社員と一丸となって実施し、誠意を持って、

改善に努めて参ります。

 

お読み頂き、ありがとうございます。

 

リーダー主役の共有会!

お読み頂き、ありがとうございます。

 

さて、当社では2年ぶりとなる会、年初に各所にて掲げた活動方針の進捗共有会を

実施いたしました。

 

会の目的は、お客様のため、社員のために掲げた目標に対して

1.取組状況の進捗確認と具体例の共有

2.3か月の目標に対する達成度、効果を確認し、軌道修正

PDCAの計画に対して、3か月の行動結果を確認する一日とし、何より、会から

気づきを得てお客様のため、社員のため、次につながる行動を導きだせるよう実施

しております。

 

今期、特に私どもが意識して取り組んだこと、「なぜそれをやるに至ったか」、

計画段階に昨年度の取り組みや実績、反省を十分に振り返ることに時間を割き、

その結果に基づいて目標を定め、取り組みを開始してまいりました。

 

 

   20140722.jpg      201407221.jpg

 

  

私自身の気づきと反省は、

1.大きな声で発表してくれるのは気持ちがよい=自信が反映されている

2.ビフォーアフターがあると強烈に印象が残る

3.生産性は下がるが、ダブルチェック・色別は効果が高い

4.チームで取り組んでいるところは結果に繋がっている

5.目標に対して週に1度の進捗確認は有効性が高い

6.業務後の18:00スタート20:30終了は負担が大きかった

 

そんな気づきと反省を感じました。合わせて何のために目標を立てているか、

腹に落として取り組むことの重要性を感じた次第です。中には有志を募って

飲みにケーション、会社、仲間、そして、お客様のお役に立つために実施。

管理者一人では何も変えられないことを理解し、仲間と同じ目標にするために

実施。素晴らしい取り組みに感謝です。

 

当社は今年もショールーム化に向けた基礎づくりの最終年度として、あいさつ、

掃除、事故0に取り組んでおります。

 

あいさつ:相手の変化に気づくために

掃除  :整理(いるものといらないものを分ける)、整頓(いるものを使いやすく)

事故0 :類似事故の撲滅に向け、手順書の精査

 

そして、会長より総評を頂きました。

1.社員の皆さんと本当に同じ目標を共有しているかもう1度、考え、行動する

2.事故をしたくてする人はいない。すべての社員の皆様に事故をやらないと

  気づかせること、その人が自覚しない限り事故は起こり、気づかせるやる気に

  させるのは管理者の仕事である。

 

            201407223.jpg

  

訓示を頂きました。そのためには、やはり日頃のコミュニケーション(仲間として

働いて頂いていることへの感謝を含め、相手の立場、思いやりを持って接する)、

そして、相手を変えるではなく自分を変える。他人と過去は変えられないですよね。

まずは、自分が、そして、未来に繋がるよう、伝わるまで何度も社員の皆さんと

本音で話し合いを深めて参ります。

 

当社、発表会の多くは小牧の地域施設をお借りしております。その施設の前に

あった御会社様の看板、品質と5Sで将来を創る!入口の目立つ所に掲げてござい

ました。今、当社が実施していることもまさに看板と同じ、その結果、お客様

品質で貢献し、お役に立ち、社員一人一人が成長を体感できる企業にすべく取り組

んでおります。仲間と再度目標を1つにするためトコトン話し合い、小さな努力を

積み重ねて参ります。

 

どうぞ今後とも、ご指導いただきますよう、厚く厚くお願い申し上げます。

 

お読み頂き、ありがとうございます。

 

 

 

1  2