プロになってhappyになろう!

毎日の業務、大変ご苦労様です。

 

前回、愛知県内の交通事故死亡者数の記載をいたしました。反響があったので

もう1点お知らせします。

私、免許を取る時に教えられたことの1つに、歩行者では子供と高齢者、車両

ではバイクと自転車、この点に気をつけるように、教習所でご指導いただいた

ことを覚えております。

 

そんな中、最近の死亡事故には1つ、変化があるようです。今年の愛知県内に

おける年代別にお亡くなりになられている方の統計をみると、高齢者が6割近く、

反対に子供(0歳~15歳)において、1名と大きく減少しておりました。

現状では高齢者の方が被害に遭われることが最も多いようです。特に右側から

車道に侵入し被害に遭われる方が増加しているとのこと。走行中、高齢者を

見かけたら、先をゆずる、速度を落とす等、思いやりある運転に努め、走行

したいと思います。

 

さて、社内報にも記載いたしましたが、会社が目指す成長、成長項目の開示、

そして、評価についての説明会、皆様の貴重な時間を頂き、感謝申し上げます

ありがとうございます。

 

この改定の目的は、

 

「社員の皆様に安心して永く勤めて頂ける環境づくり」です。

ご縁あって当社に入社して頂いた皆様が、定年退職を迎えるまで勤め上げて

頂くための環境づくり、成果を上げている皆様の努力が正当に報われるよう、

制度設計しております。

 

次回は4月の面談、そして、6月の制度改定です。

 

そして、制度について、前回の教訓を生かし、管理者内で意識していることは、

 

1.短期(瞬間)の評価、そして制度になっている

  →永く皆さんに安心して頂ける制度を作ろう

 

2.管理者間での意思統一が不足していた

  →幹部、管理者による説明を実施し、思いを1つに取り組んでゆく

 

3.制度の前になぜそれを評価するのかについての共有ができていなかった

  →今度は第1段階についてなぜ成長か、第2段階で制度と分けて実施

 

教訓を生かし、目的にもある、皆様に安心して頂ける制度となるよう、取り

組んでおります。

 

まだ説明会は続きます、また、パートの皆様については、年明けからの実施を

予定しております。

 

皆様に伝わる言葉で、表情で管理者一同、取り組んで参ります。ぜひ、会社と

同じゴールを腹に落として頂き、そして、次の面談まで小さな努力をお互いで

積み上げましょう。お客様のお役に立った時、我々もhappyになる。

最終的には皆さんの給与アップに繋げる。

 

強く強く決意し、進めて参ります。既に変化が感じられる職場があること、

大変心強く思います。ありがとうございます。皆様の期待に応えられるよう、

私も小さな努力を重ねて参ります。

 

4月の面談を愉しみにしております!

 

よろしくお願いします。

 

以上

 

トラックの日!!!

日の業務、大変ご苦労様です。

 

ドラコン、お疲れ様でした。参加いただいた皆様、そして、ご家族の皆様、連休中にも

関わらず快く送り出して頂き、感謝申し上げます。また、業務であった皆様、ご対応

いただき感謝申し上げます。ありがとうございました。

結果は社内報(号外)をご覧ください。

 

さて、10月9日はトラックの日、今年も若宮大通にて開催された決起大会に当社も

参加して参りました。

 

   2014101507.jpg     2014101506.jpg

 

 

そこでご参列いただきました、警察署長、交通共済様、お二方より今年の愛知県内

の事故状況について、お伺いいたしましたのでご報告です。

 

1.今年は月末・週末の事故が非常に多い

  ※特に9月末から10月5日までは死亡事故が多発し、非常事態宣言

2.被害に遭われる方の約半数は高齢者

  ※高齢者を見かけたら道を譲る、徐行等にて心配りを!

 

そのようなお話をされておりました。また、最後に事故を無くすには、「競争をしない

こと」とのお話がありました。急がない、割り込まない等、相手と、そして自分自身と

競争せず、相手を思いやる運転を全員ができれば事故はなくなる、そうお話されて

おりました。

 

私も慌てて運転することは少なくありません。反省です。時間に余裕をもって行動、

運転できるドライバーになりたいですね。

 

無事故継続日数は200日を超え、セーフティーラリーも達成率95%を維持して

繁忙期を迎えます。一人一人が自覚を持ち、自分自身のために、家族のために、

仲間のために事故は絶対にしない。そう強く腹に落としていただき、皆で繁忙期を

無事故・無違反で乗り切りましょう。

 

よろしくお願いします。

 

以上

第3回 ドラコン!!!

毎日の業務、大変ご苦労様です。

 

先日、役職者にて浜松委托倉庫様の物流センター様へ見学して参りました。

10月頃には、視察の記録を一冊にまとめ、各所に配布いたします。また、

管理者から感想や説明があります。一つでも二つでも皆様の気づきにして

頂き、管理者へ質問してみて下さい。新たな発見があるはずです!

 

さて、あれから2年が経過いたしました!そして、3回目を実施できること

皆様に御礼を申し上げます。

 

目的は変わらず、

自身の運転を振り返り、安全意識と技術を高め「事故をなくす!」

ことです。ご存知の通り、無事故継続日数は190日を経過し、200日は

目前です。今期、車両事故がないこと。本当に素晴らしいこと。純粋にすごい!

と思います。ドラバーの皆様の日頃の努力に心から感謝申し上げます。

 

前回は1回目準優勝のお二人がトラック、リフト共に優勝と順位を上げて

くれましたね!

今回は1回目優勝のお二人が返り咲くのか!

この2年間、技術向上に努めてくれた皆さんが奪取できるか!

社外コンテストで入賞された皆様が社内でも力を発揮できるか!

 

はたまた、優勝者の連覇なるか。今から愉しみです。皆様を心から応援して

おります。

 

そして、今回から以下の点を変更いたします。

 

1.皆さんから要望の高かった車格別への変更、今回から実施いたします!

 

2.お手伝いいただいている応援者の皆様に、社用車コンテストを開催

いたします!

 

以上が主な変更点です。詳細につきましては、10月3日に社内掲示いたし

ます。

 

残すところ後3週間。社内全体の安全意識と技術が高まり、全ての社員が

事故をしない会社に近づけるよう、今回からは品質推進委員のお力もお借りし、

準備を進めて参ります。

 

それまで、ドライバーの皆様、運転技術の向上に努めて頂きますよう、

よろしくお願いいたします。

 

以上

 

今年こそ100%の達成率を目指して!

さて、今日は7月の終わり、気温が38度を記録した1日でした。これを読んで

頂いている日も、うだるような暑さだと思います。そんな中、何か皆さんに

出来ることはないか。管理部の皆さんがこんなものを見つけてくれました。

 

名付けて熱中症の危険をお知らせする君!

 

何でも温度と湿度から熱中症の危険度を割出し、知らせてくれるようです。

これが鳴ったら要注意!水分補給、塩飴接種等に努めてください。そして、

この夏を乗り切りましょう、

 

よろしくお願いします。

 

乗り切ると言えば、早いものでセーフティラリーが開始となり、1ヶ月が経過

いたしました。

 

昨年は1ヶ月の時点で違反者が2人との報告がありましたが、今年は今のところ0。

 

皆様の小さな努力に心から感謝申し上げます。

 

これも豊田営業所のポスターのおかげ!かなぁと感じております。しかし

ながら、まだ、1ヶ月。年末までの長丁場。残りの150日も無事故・無違反

をお願いします。

 

おさらいですが、昨年度の違反データです。

1位(2件)  : 一旦停止違反

2位(各1件): 携帯電話・駐車禁止・スピード違反・接触事故・進入禁止

 

携帯電話。これは愛知県トラック協会全体でも1位。去年の当社社員の話の中

には、一時、ハンズフリーを購入したものの、壊れてしまってから購入してい

ない。だから電話に出てしまった、、、というエピソードもありました。

明日は我が身です。

 

皆さん、ハンズフリーは所有しておられますか。また、買わないのは自由です。

ですが、人間は弱い生き物。買わないのであれば、絶対に走行中に見ない工夫

必ず実施してください。例えば、携帯電話をカバンの中にしまう(見える

ところに置かない等)。

 

携帯電話違反は意識の問題です。今年は皆の小さな努力で0にしましょう。

 

今期も安全呼びかけとし、月に1度、皆さんの出勤時に営業所の前で管理者

一同、呼びかけを実施させて頂きます。

どうか、その姿を見て今日は顔晴ろう!、今日はいつもよりゆっくり走ろう、

今日は車間距離をあけよう!気づきある日にして頂けると幸いです。

 

今年は昨年度より減らし、皆で素敵な年越しが出来るよう、ルール遵守を

お願います。

 

お読み頂き、ありがとうございます。

 

 

OB会

お読み頂き、ありがとうございます。

 

さて、前回ご報告した通り、OB会について報告しようと思います。

 

皆様のおかげで社長に就任させて頂いてから3年目の夏を迎えました。日頃は、

それぞれの業務で多大なご尽力を頂き、心から感謝申し上げます。また、今年は

言葉だけではなく、皆様に感謝を肌で体感して頂くべく、皆さん声を反映した

取り組みに挑戦して参ることをお約束いたします。

 

そして、昨年を終えたあたりから、現役で働いておられる皆様への感謝と同時に、

我々の礎を築いて下さった先輩方に、直接お礼の言葉を伝えたい。今の我々が

生活できているのは、諸先輩方の努力の結果、お客様に評価して頂き、引き続き

業務を実施させて頂いているおかげ。

 

そのことを言葉だけではなく、形にしたい。そう感じるようになりました。なぜ、

そう感じたか、仲間との別れや、大繁忙期を終えて、ありがとうを伝えることの

大切さを改めて感じたからだと認識します。

 

そして、7月5日(土)に実施して参りました。当初よりも予定が入り、若干

参加して頂いた先輩方は少なくなってしまいましたが、心温まる1日を過ごして

参りました。

 

今は亡き創業者の祖父と同年代の先輩方から、ついこの間退職された先輩方、

今でも現役で力を貸して頂いている先輩までお集まり頂き、当時の吉正運輸倉庫

を回想しながら、それぞれのお話に花が咲きました。

 

純粋に素敵な会だなぁと感じました。自然と昔の仲間が集まれば、出てくる言葉は

愉しい言葉や、思い出ばかり。昔話が分からない私はうらやましく感じるお話も

幾つかありました

そして、先輩方の礎を引き継いだ者として、お客様のお役に立ち続けること。その

結果、将来私も今共に働いておられる皆様とOB会ができる会社に、また、そんな

間柄になりたい。そう思える笑顔に溢れた会でした。

 

私自身がOBの皆様に教わったこと、たくさんあります。思い起こせば入社当時、

たくさんの壁がありました。皆さんも1つ2つあったのではないでしょうか。

その頃、親身になって相談させて頂いた上司。右も左も分からない私に遅くまで

付き合って頂き、壁を越えたことは今でも良い思い出です。

 

OBの皆様から教えて頂いたこと。たくさんありますが、1つは礼を尽くすことの

大事さ。ありがとうを言葉で伝えること。ことあるごとにお礼を必ず会って伝える。

当たり前のことですが、電話やメールで伝えることの多い現代、直接顔を見て伝える

ことの大事さを教えて頂きました。私も反省しなければならないことばかり、、、。

出来る限り、顔を見て実践して参ります。

 

皆さんも先輩方との思い出を回想して頂き、今仕事をやらせて頂いている感謝と

合わせ、当時を振り返り、何かの気づきを思い出し行動に繋げて頂けると嬉しいです。

 

お越しいただいた皆様、そして、これまで支えて頂いたすべての先輩方に心から

感謝し、また、皆さんと次の世代にバトンタッチ出来るよう、努力を重ねて参ります。

 

共に、笑顔が集まる会社を作りましょう!今後ともよろしくお願いいたします。

 

                    201407224.jpg

 

お読み頂き、ありがとうございます。

 

1  2

カテゴリ

吉正運輸倉庫ブログHOME
吉正運輸倉庫ホームページ